建築倉庫ミュージアム

用事があって東京に行っていた。天王洲にある建築倉庫というミュージアムに立ち寄った。今年の6月にオープンしたばかりの建築模型専用のミュージアムで、元々、美術品などの保管業務を行っている寺田倉庫という会社がはじめたもので、通常、箱に入って倉庫内にただ積み上げられて保管される建築の模型を、あえて展示することで、美術品的な価値を持たせていくという面白い試み。倉庫内には白いスチール棚が整然と並んでいて、そこに大小さまざまなプロジェクトの模型が置いてあった。素材も、作り方も、箱に貼ってあるあるラベルも、それぞれの設計事務所の特色が出ていて面白かった。ただ、隈健吾の事務所の作品が突出して数が多かったように見えたのと、模型を提供している事務所のバリエーションがあまり多くなかったので、若干、物足りない感があった。でもこのように発想次第で新しい美術館を生み出せるというのは面白いと思った。

dsc_2906 dsc_2908 dsc_2907

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です