新macbook pro (Touch barつき)を使ってみて

_dsc8589

先月、新しいmacbook proを購入した。それまで使っていたマシンが古すぎたため、ずっと新しいモデルが発売されるのを待っていた。新しくなり、処理速度は十分に早くなったのだが、各所で言われているように、不満は結構ある。

このモデルは、Touch barと呼ばれるタッチパネル式の補助ボタン群がキーボード上部にあるのが特徴なのだが、使うシーンがほとんどない。それでいて、ファンクションキーやESCキーもそこに統合されたことにより、よく使うキーなのに物理キーでなくなってしまったことがやや使いにくく、わりとストレスを感じる。物理キーなら、いつも同じ場所に、同じ幅で存在するために、ノールックで打てるのだが、Touch barはボタン幅が可変なので、見て確認しないと打てない。

電源端子も、macbook伝統の、コードに足を引っ掛けても大丈夫な、マグネット式着脱システムmagsafeが廃止されてしまった。

また全てUSB-C端子化されたことで、今までの周辺機器を使うための変換アダプタがたくさん必要になった。

更に、(最近配信されたOSアップデートでやっと治ったらしいものの)ディスプレイのバグで、たまに画面が砂嵐のように荒れたり、チラつきが激しかったりした。

キーボードも、タイプ感がよくなったらしいが、パチパチ音が大きくなり、うるさくなってしまった。(そもそも殆ど一人で作業しているのに、うるさいも何もない気もするが、移動中などで使うときに気を使ってしまう。)

何となく、総合的に、前モデルの仕様でただ処理速度だけ上げてくれれば良かった気がする。

ここまで書いて、何か自分が過去をひたすら懐かしむ保守的な人のようにも思え、悲しさがこみ上げてきたので筆をおこうと思う。筐体のデザインや薄さは、相変わらずとても良いと思う。

関係ないが、筆をおくという表現が気になったので今調べたら、筆をおく、は「置く」でなく「擱く」という漢字をあてるのが正しいらしい。今まで知らなかった。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です