ステルス

バタバタとしていて、ひと月以上もブログを更新できていなかった。

先日、疲れていたのでスーパー銭湯に行った。そこはファミリー利用者も多い、漫画喫茶とかレストランとかネットカフェ的なものが合わさったような大きなスーパー銭湯だったのだが、ふとインターネットコーナーを通った時、用意されたPC7-8台のすべてに、幼稚園から小学校低学年くらいの子どもたちが座っていて、全員が、それぞれYouTubeでゲームのプレイ動画を見ていたのが目についた。

Minecraftの動画を見ている子が2,3人いて、残りの半分は、たぶんそれぞれ違うゲームだと思うが、FPS(一人称)の動画を見ていた。戦場ものだったり、異世界ものだったり、いろいろあった。そのなかでも、年齢が一番低そうに見えた女の子が、ステルス系というか、メタルギアソリッドシリーズ的な、隠密行動しながら、見つからないように敵を倒すっぽいハードなゲームの動画に見入っていた。他の子らはけっこうドンパチやっている感じの画面だったのに対し、その子の画面だけやけにシリアスで緊張感ある雰囲気になっていた。

普通に流血表現などがあったので、レーティング的には18歳以上とかそういう内容のゲームだと思うが、一般的に、いまの小学生たちは、そういうゲームを普通に楽しみ、話す相手がいるのだろうか。仲間うちで、どのライフル銃が一番かっこいいか話したいのに、ポケモンGOの情報交換などに話を合わせているのか、それとも、敵の注意をひくための手榴弾の使い方などを話す友達がいるのか、わからないが、上記の子が動画を見る姿は、真剣そのもので、きれいな感じがした。

30歳を超えた人間が、小学生たちの背後で画面をじっと見ているのはおそらく問題があると思ったので、気づかれないうちに、その場を去った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です