静岡県産品シンボルマーク・袋井
Shizuoka PR mark - Fukuroi edition

DORPで静岡県内のデザイナーと、静岡文化芸術大学の学生と協業で制作した静岡県産品シンボルマークの袋井バリエーションのデザイン。元々はミカンが入っていた部分を、袋井の名産品のメロンに置き換えたもの。同一のルールに基づいたモジュールデザインで構成されたロゴマークだったので、このように部分を変更しても統一感のあるビジュアルとなった。

A variation design of symbol mark for promotion for local products made in Shizuoka prefecture. The original design was made in collaboration with DORP and students studies in SUAC.
The mark was consists of a modular system, so each part can be replaced with a specific purpose like this case.

In collaboration with:
DORP,
Hiroki Matsuura, Mai Mochizuki and Mihoko Oka in SUAC